1500年の長い歴史を築き上げ、紙祖神「川上御前」を祀る
越前和紙産地の特徴的な歴史と風土をご紹介します。

古代(AD500年頃)

紙漉きの始まりと紙祖神

1500年の長い歴史を持つ越前和紙の成り立ちをさかのぼると、全国の紙業界から崇められる紙祖神「川上御前(かわかみごぜん)」の存在にたどり着きます。
伝説ではおよそ1500年前、男大迹王(おおとのおう・後の継体天皇)が越前地方を統治していたとされる頃、岡太川の川上に美しい女性が現れ、紙漉きの技術を丁寧に教えました。喜んだ村人がその名をたずねると、「この川上に住む者」とだけ答え、姿を消してしまいました。村人はこの女性を「川上御前」として崇め、紙祖神として岡太(おかもと)神社・大瀧神社に祀り、以来、紙漉きを生業として受け継いでいます。

古代から中世 (平安、鎌倉、室町、安土桃山時代)

鳥の子と奉書で名声

越前和紙の名を高めたのは、鳥の子と奉書です。

鳥の子:
日本の古代色(野鳥の卵殻の色名)で、淡い黄褐色の雁皮紙を指します。
鳥の子は諸国でも漉かれており、高級料紙として重用されていたと考えられます。
中世から近世にかけて数々の文献に「越前の鳥の子」の名が見え、江戸時代には、「紙の最たるもの」「紙王というべきか」と高く評価されます。

奉書:
厚手の楮紙は、公家・武家・社寺の公文書用紙として使われていました。後に奉書の名が付き、将軍の御教書(みぎょうしょ)紙として重用されます。越前のほか諸国でも漉かれていましたが、越前の奉書は最上級品として名声を高めます。

近世・近代 (江戸時代から明治・大正)

お札のふるさと

「お札」でも越前は大きな存在です。
わが国で最初期の藩札と言われる福井藩札と明治新政府による初の全国統一紙幣、太政官札を漉き立てました。
その後、紙幣用紙は輸入洋紙に切り替わりますが紙質が脆かったため、わが国独自の紙幣用紙を開発することとなります。東京の王子に抄紙局(しょうしきょく・後の印刷局)が設置され、越前から募集された紙漉工は研究を重ねて世界に冠たるわが国の紙幣用紙を開発しました。
大正の終わりごろ印刷局に川上御前のご分霊が祀られます。
国家機関の印刷局に祀られたことで、川上御前は、わが国の紙業の守り神として全国の紙業界から崇められる神様となりました。

風土1

紙祖神 岡太神社・大瀧神社

岡太(おかもと)神社は、この里に紙漉きの技を伝えたといわれる「川上御前(かわかみごぜん)」を紙祖神(しそしん)として祀り、全国紙業界から崇敬されています。
神体山である大徳山(だいとくさん)の頂上にある奥の院と、そのふもとに建つ里宮からなり、奥の院には岡太神社と大瀧神社の両本殿が並び建ち、里宮はこれらを併せて祀っています。
里宮社殿は、江戸時代後期の社殿建築の粋を集めて再建されたもので、拝殿と本殿が結合した複合社殿の複雑な構成と、社殿を彩る装飾彫刻が特徴的です。

風土2

神と紙の祭り

紙祖神「川上御前(かわかみごぜん)」を祀る岡太(おかもと)神社・大瀧神社の祭礼は、古い様式を今も連綿と受け継いでいる、全国でも珍しいお祭りです。
和紙の里を挙げての神と紙の祭りは、神と人、その人たちの生業が深くかかわり同一化するお祭りで、日本の祭りの心そのものと言えるでしょう。
神聖な奥の院へつづら折りを登り神様をお神輿で迎えに行くー。
里宮に神様を迎えると、人々は生業を支える神様に久々に触れ合えて喜びに活気づき、祭りは大いに賑わいます。